スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インゼクータレシピ

特に何の変哲もない虫のレシピです。よくある構築ですね。
大会で特に結果も残していないので敢えて公開しようと思いますw

【メイン】
(モン20)
ダンセル3
センチ3
ホーネット3
グルフ3
ギガマン1
カーガン2
ヴェーラー3
ダムド1
開闢1

(魔11)
蘇生1
大嵐1
月の書1
闇誘1
おろ埋1
サイク3
謙虚3

(罠9)
激流2
神警2
神宣1
リビデ2
砂塵1
デモチェ1

【解説】
・ホーネット3グルフ3…引きによるスピードを重視したのと、2戦目以降の予言クロウ対策、他には墓守のネクロバレーでハンドに枚数足りなくなって詰まないようにも意識してます。更には闇の誘惑の媒体として躊躇なく打てる点、これら自信でホーネットを装備し相手に除去を消費させる役割を持たせています。

・ダムド開闢…虫が除去された場合あるいはヴェーラーを受けた場合にSSで更なる展開が可能です。逆にこれらに除去を使わせつつ虫を通しに行く事もあるでしょう。打点も然る事ながら効果が両者とも非常に優秀で、一度召喚に成功すれば場を制圧できます。ダムド+ギガマンのワンキルコンボも強いです。
カーガン型の構築当初はどちらか一方投入する事が多かったですが、両者を投入した形でも勝てるようになったので今は2枚投入が気に入ってます^^

・操作0…単に自分の周りの環境が虫が少ないのでアウトになりました。虫以外では基本弱いです。

・リビデ2…最初は3にしてましたがメインスキドレやマクロ、聖刻が流行っている事も重り目に見えてメインの勝率が悪くなったので1枚減らしました。基本蘇生と同じ。蘇生=最強カード;リビデ≒蘇生→リビデ≒最強カードですねw

・砂塵1…致命的な永続罠がメイン投入されているデッキが回りに多いので。サンブレや強脱など色々試しましたがこれが1番しっくりきたのでメインに。サイドから投入する事も非常に多かったのでおかげで1枚枠が空きました。


・デモチェ1…昨今の高速環境においてダメージレースに耐えられるように。HERO・聖刻には滅法弱いですが…
後出しで機能する点が好評価です。個人的に好きな使い方は相手の場のラギア効果にチェーンしてこちらのカードを通す時が気持ちいい!(^^)v
また、こちらの虫がヴェーラーを受けた際、返し相手が激流警戒で単体で殴ってきた時に守れるのが強いです。またゼピュロスと非常に相性がいいです。

【戦法】
ホーネットで相手の場を壊滅させつつダンセルセンチでアドを稼ぐ、或いはダンセルグルフで相手のデッキに合わせて柔軟に対応しビートダウンしていきます。ダンセルセンチを確実に通して行くために序盤はグルフホーネットで相手の除去を上手く使わせましょう。カーガンはアタッカー・墓地肥し・1ドローと虫では非常にいい役割を演じます。
よく初手でカーガン召喚効果でエンドする人いますが、かなり勿体無い行為です。返しでほぼ除去されるのでみすみすアタッカーを減らしているのと同じです。ハンドに別のアタッカーが存在する、或いは相当なハンド事故を起こしていて召喚無効されると厳しい、などと言った明確な理由があればそれでもいいと思いますが、ただの墓地肥し要因と捉えるのはいささか勿体無い!もし相手のデッキが聖刻だった場合返しトフェニからワンキルくらったりするとか考えたら恐ろしいでしょ…

本題に戻ると…リソースにリビデ蘇生などが揃い次第ダンセルで攻めると勝筋が明確に見えてきます。なので、これらの発動タイミングをしっかり意識しましょう。
また、気をつける事は致命的な永続罠で詰まないようにサイクを無駄打ちしない事です。このデッキは打点が低いモンスターばかりで構成されているのでホーネットグルフの効果を使えないと単純なビートダウンでは押し負けます。常に意識しておく必要があります。
他には、ダムド開闢を腐らせず召喚できるように墓地の光闇の数を常に把握しておくのも不可欠です。

デッキパワー・爆発力共に高くメタにも柔軟に対応できる強いデッキです。が、如何せん敵が多く環境に合わせて常に構築サイドに変化が求められます。これからも色んな構築で楽しみつつ、勝てるようにチューンしていこうと思います。

長文・駄文失礼しました。
ではノシ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。